このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

金融機関の方へ

最終更新日:2020年1月16日

 農林漁業は、国の施策において、持続的かつ健全な発展を図ることとされている重要な産業であり、その経営においては、機械や生産資材の購入、施設・設備の導入等から運転資金に至るまで、経営の態様や発展段階に応じて、多種多様な資金ニーズがあります。一方、農林漁業経営は天候などの自然条件に左右されることや、投資回収の期間が一般に長いなどの特徴があることから、他の産業とは異なる融資上のリスクがあります。

 信用保証保険制度は、こうした農林漁業融資に特有のリスクを軽減する公的な信用補完制度です。金融機関のみなさまは、本制度を利用することにより、仮に融資先の農林漁業者の経営が悪化して債務の履行ができなくなった場合であっても債権の回収ができるため、信用リスクを大幅に軽減することができます。

 農林漁業信用基金は、本制度の運用により、みなさまの積極的な農林漁業融資を支援します。

農業者等向け保証制度(農業信用保証保険制度)

利用対象者

農業を営む方、農業に従事する方

対象資金

  • 農業用建構築物や農業用機械器具の改良、造成又は取得に必要な資金
  • 農地等の取得、造成又は改良に必要な資金
  • 家畜等の購入又は育成、果樹等の植栽又は育成に必要な資金
  • 農産物の処理加工又は流通販売に必要な資金
  • 肥料、飼料、営農用備品等の購入、雇用労賃等に必要な資金
  • 農業経営の維持継続に必要な資金
  • 農業者の資産、技術等を活用して行う事業又は生活に必要な資金

対象融資機関

農協、信農連、農林中金、商工中金、銀行、信用金庫、信用組合等

保証料率

最寄りの農業信用基金協会にお問合せください。

ご相談先

農業信用基金協会
最寄りの基金協会は、農業信用基金協会一覧をご参照ください。

パンフレット

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。農業信用保証保険制度のご案内(PDF:955KB)

 詳しくは、農業信用保険業務のページをご参照ください。
 なお、上記保証保険制度のほかに、農業信用基金協会の保証が困難な大口等の農業貸付けについて、農林漁業信用基金が直接保険引受けをする融資保険制度があります。

林業・木材産業者向け保証制度(林業信用保証制度)

利用対象者

林業・木材産業の事業者の方

対象資金
  • 設備資金
    • 事務所や工場、土場などの土地・建物、生産・加工機械や林業機械、輸送運搬車両などの改良、造成又は取得のために必要な資金
  • 運転資金
    • 苗木や立木、原材料、資材の調達費、燃料費、人件費、機械のリース料などの支払いのために必要な資金
対象融資機関

銀行、農林中金、商工中金、信用金庫、信用組合等

保証料率

0.10% から 1.80%

お申込み手続き利用手続及び申込用紙(書式)・記入例をご参照ください。
ご相談先林業信用保証業務部 業務課(電話:03-3294-5585)
パンフレットダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。林業・木材産業信用保証ご利用のご案内(PDF:13,047KB)

 詳しくは、林業信用保証業務のページをご参照ください。

中小漁業者等向け保証制度(漁業信用保証保険制度)

利用対象者

漁業を営む方、漁業に従事する方、水産加工業を営む方

対象資金
  • 設備資金
    • 漁船の建造、取得又は修理、漁船機関・機器・漁網綱・水産増養殖施設の取得又は修理等に必要な資金
    • 水産加工施設の取得又は修理に必要な資金
  • 運転資金
    • 出漁の準備、養殖種苗・餌料の購入等に必要な資金
    • 加工用原材料の取得等、水産加工業の経営に必要な資金
  • 生活資金
    • 漁業経営又は水産加工業経営の改善に資することを目的とする住宅の改良、造成又は取得に必要な資金
対象金融機関漁協、水産加工協、信漁連、農林中金、銀行、信用金庫、信用組合等
保証料率最寄りの漁業信用基金協会にお問合せください。
ご相談先

漁業信用基金協会
最寄りの基金協会は、漁業信用基金協会一覧をご参照ください。

パンフレットダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。漁業信用保証制度のごあんない(PDF:520KB)

 詳しくは、漁業信用保険業務のページをご参照ください。

お問い合わせ

企画調整室 企画推進課

住所:東京都千代田区内神田一丁目1番12号 コープビル5階

電話:03-3294-4470

FAX:03-3294-3140


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ