このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

林業信用保証の活用事例

最終更新日:2020年3月5日

<林業種苗生産>

E樹苗園は、露地苗の生産を行ってきたが、新たにマルチキャビティコンテナによる杉の育苗を開始する林業種苗生産会社

山林の皆伐が促進され、伐採後の再造林するにあたり、再造林のコスト低減の一助となるコンテナ苗の需要が増大することを期待し、設備投資による事業の拡大を図る構想を次のように実現した。〔利用メニュー:次世代苗木生産資金〕

  1. コンテナ苗生産を行うに当たり、倍土圧入機、コンテナ(ポット)、ミニホイルローダー等を購入する必要があったが、新規事業の取組で、県内に実例が少ないことから、金融機関は貸付に消極的であった。
  2. このため、先進的な苗木生産の資金調達に対応した基金の次世代苗木生産資金(100%保証)を利用することにした。金融機関はE社の構想を理解し、貸付に応じた。
  • コンテナ苗は国有林でも積極的に購入していることから、今後の事業拡大に向けて、林業信用保証を利用して資金確保することは有効です。しかし、金融機関側で、コンテナ苗についての認識が不十分な場合もありますので、専用メニューの紹介等を通じて借り入れをお手伝いします。

お問い合わせ

林業信用保証業務部 業務課

住所:東京都港区愛宕二丁目5番1号 愛宕グリーンヒルズMORIタワー28階

電話:03-3434-7826

FAX:03-3434-7837


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ